意外と知られていない

支えられる手

自転車は便利な乗り物で、子供から大人まで幅広く、気軽に利用し、小さい頃から慣れ親しんだものです。その為に、あまり認知されていないのかもしれませんが、自転車は軽車両として扱われていますが、自動車の自賠責保険のような公的な保険制度がなく、万一の事故に備えては運転者自身が自転車保険を準備しておかなければなりません。実際に最近では、自転車事故での高額賠償のケースがクローズアップされており、自転車運転に対する、備えとしての自転車保険加入への重要度が高まってきています。自転車で事故を起こした場合は、車両としての判断がされる為、自動車やバイク事故同様、歩行者との事故については、加害者となるケースが多く、また、賠償面においても、かなりの大きなものになることが多くあり、自転車保険への加入の必要性は性がとても大きいのです。

自転車事故にも、人との事故、自転車同士の事故、自分の自転車で人の所有物に損害を与えるなど、さまざまな事故が予測され、相手への賠償責任だけでなく、自身のケガなどの治療費も必要になる場合があります。現在は、自転車事故での高額な損害賠償が問題になっていますんどえ、多くの保険会社から、相手からの損害賠償請求に備える自転車保険として「個人賠償責任保険」が発売されています。保険料もリーズナブルなものが多く、契約者の同居家族が連帯して保険適用される内容のものが多く、ぜひとも入っておきたい保険の一つです。個人賠償責任保険に、そのほかの保険(入院保険、手術保険、死亡保険など)をセットにして提供しているものもあるので、現在加入の保険のオプションで追加できるかも含めて、いろいろと情報収集をしてみることも大切です。